野球の練習を行う場合はボールから目を離さない

野球の練習を行う場合は、とにかくボールを見ると言う部分を、意識して行動するようにしましょう。
全くボールを見ないままで練習を行う場合もありますが、それでは早い時間で上達をするのが難しくなってしまいます。
なぜボールを見る必要があるのかと言いますと、感覚だけでプレーをするのを防ぐためになります。
バッティング練習の場合も、感覚だけで練習を行っていると、全くヒットなどを打つことができない選手になってしまう場合があります。
守備の場合も同じになります。
自分の感覚だけで練習を行っているとその時は上手く行ったとしても、試合になるとエラーをたくさんしてしまうなどの状態になってしまいます。
これではなかなかレギュラーを獲得することができませんし、試合に出ることもできなくなってしまうので、野球の楽しさを忘れてしまう状態になります。
どんな時でも最初から最後までボールから目を離さないと言うことを意識して練習を行うと、自分が気がつかないうちに上達している場合が多くあります。