少しでも野球の練習量を増やして上達する

人よりも上手になりたいと考えて野球の練習をしている場合は、よりたくさんの練習を行うようにしましょう。
人と同じ位の練習量では、人よりも野球を上手くなることができません。
プロで活躍している人たちのインタビューなどを確認すると、小さい頃から非常にたくさんの練習量をこなしてきたと言うのが分かります。
自分は野球が上手くなりたいと考えているのに、なかなか上達しないと悩んでいる場合は、練習量を少しだけ増やすことを考えてみましょう。
あまりにも練習を行ってしまうと、怪我などをしてしまう可能性があるので、極端に長い時間行う必要はありませんが、少しだけ長くすることによって、他の人との差を埋められる場合があります。
もちろんセンスの部分は埋められないですが、少しでも努力をすることによって自分なりの感覚を得られるようになってくるので、チーム内でも頼りにされる存在になりますし、試合にもたくさん出ることができプロを目指せる可能性も出てきます。